私が怠けた生活をおくるために調べたこと、やっていることを書き綴っていくだけのブログです。

最近はラグナロクマスターズをプレイしているのでラグマスの話が多め。参考になった話があったらシェアしていただけるとやる気がUPします。

ブラックフライデーでゲーミングスマホ『BlackShark2』がまさかの1万円値下げ。

ブラックフライデーのためどこもセールで賑わっているところですが、ゲームのためだけに作られたゲーミングスマホ『BlackShark2』のもまさかの大幅値下げが決定していました。ブラックつながりでしょうか。

お値段なんと49,800円→39,800円。20%近い値下げ幅です。※税抜です。

11/23の11:00から『BlackShark2(6GBモデル)』の在庫売りつくしセール開始

今回の大幅値下げ、数量限定・在庫限りと書いてありますが、私が調べた限りでは今回で販売が終了するとのこと。値下げのところにも「LAST BUY」と書いてありますし。

というわけで20%も値下げしてます。

この『BlackShark2』ですが、ざっくり言うとゲーム用の高スペックスマートフォンです。

が、細かい仕様は公式の製品紹介に書いてあるので、スマホゲーのために工夫されている点だけいくつか軽く紹介しておきます。

スピーカーが左右配置でステレオ(横仕様時)

スマートフォンだったりタブレットだったりでゲームをしているとき、スピーカーの位置が左右対称になっていないと困るんですよね。というか下手すれば真横どころか背面で音がなる機種すらあった気がします。

特にFPSジャンルのゲームだと、左右の音のバランスでどの方角から音がしているかを判断して他プレイヤーの位置を察知しないといけないのですが、スピーカーが単体だったりするともうアウトです。イヤホンかヘッドホン必須に。

『BlackShark2』はゲーム用と自ら言ってる通り、前面で左右にスピーカーを配置しているのでFPSでも問題なくスピーカーのままプレイ出来ます。(本当のガチ勢はヘッドホンでしょうけど。

内蔵の通信アンテナが3本

背面全体にX型で配置されているアンテナと両脇に1本ずつのアンテナの計3本なので、どうやっても全てのアンテナを手で覆ってしまうことがありません。

のんびりクエスト周回するゲームならほとんど関係ありませんが、リアルタイムでガンガン動くゲームでは一瞬通信が不安定になって0.1秒ラグが発生しただけで勝敗が変わってしまうので、通信の安定性を図ったこのアンテナ配置はまさにゲーミングスマホ。

 バッテリーは大きめの4000mAhに急速充電

ゲーミングスマホなので当然バッテリーも容量大きめ+当然のように急速充電対応です。

同じCPUを搭載しているスマートフォンの主流よりも2割程度容量が大きい上に、30分の充電で60%の充電が可能という急速充電の性能。

ゲーム以外の着信などを無効にするモードあり

ゲーミングスマホを名乗っているので、ゲーム以外の邪魔なものを全て排除できます。というか最初からずっとこれでゲーム専用機にしても良いくらい。

そもそも最初からサブ機として所持してゲーム専用機として使っていればこの機能が必要ない気もしますが、あって損はしないので。

ゲーミングスマホに必要なものは揃っている

CPUは8コアでメモリも6GB搭載。ラグマスなんて2GBあれば普通に動くのにこれだけ積んでますからね。そりゃあ重い重いと有名なPUBG mobileのグラフィックを最大にしても遊べるわけです。あちらの公式ゲーマーの方もこのスマホで実際にプレイレポしてましたしね。

そして多層液体冷却装置内蔵。スマートフォンなのに液体冷却。それでも超高負荷なゲームでは完全には冷やしきれないときもありますが、ちょっと置いて飲み物取りに行って帰ってきたら大体冷えてます。

あとはBluetoothや画面の外部出力など、当然あるべきものは当然あります。

※MicroSD非対応という点にだけ注意

私の知る限り、このスマホの短所といえばMicroSDスロットがない点と

「デザインがどうみてもゲーミング」ということくらい。

特にロボットアニメ系統が苦手な人にはちょっと厳しいデザイン。あとiPhoneみたいに統一された機種が大量に出ているわけではないのでカバーに困ります。

が、ゲーミングスマホは高負荷ゲームで熱を持つことが多いはず。そのため、カバーなしでプレイする方のほうが多いと思うので大して気にならないかと。

というわけで、Androidのスマートフォンをサブ機に一台持っておこうかなと思う人にはこの機会に購入しても面白いんじゃないかなぁと。

イヤホンジャックはありませんが、USBタイプCとの変換コネクタで。

 

あ、画面をタップではなく強く押したとき予め設定した別の操作を発動させる機能が付いているので、ラグマスのGv中に片手で移動しながらスキルを撃てたりしますけどハードウェアチートと認定されるかはおそらくグレーゾーンなので自己責任でお願いしますね(にっこり)

 

「Black Shark2」(6GB+128GB JAPANモデル)日本販売店ページへ