私が怠けた生活をおくるために調べたこと、やっていることを書き綴っていくだけのブログです。

最近はラグナロクマスターズをプレイしているのでラグマスの話が多め。参考になった話があったらシェアしていただけるとやる気がUPします。

ネットゲームは初心者とパーティ組む時が一番難しいんじゃないかなぁって話。

オンライン前提のネットゲームをやっていてずっと思ってたんですけど、やっぱり始めたばかりの方と一緒にプレイするのってとても難しい。

これだけ書くと「説明するのが面倒なんだろう」とか「足引っ張られるのが嫌なんでしょ」って思われるから話題にもしにくいんですよね。

でもそういうのが苦痛な訳じゃないんですよ。初心者と組む時に、考えなきゃいけないことが多すぎと思うんです。上級者側。

というわけでその考えるべきことをちょっと書いていきます。今回は散文になること必至なので先に謝っておきます。ごめんなさい。

 

 

ゲームの楽しみ方は人の数だけあるはずで。

実際ゲームのプレイの仕方って10人いれば10通りあるはずなんですよ。

最近は何か新しいゲームを始めるときに「ゲーム名+攻略」とか最初から最高の効率が出せるビルドを調べる子が増えてるのはわかるんですけど。

それでも居るはずなんです。他の遊び方をしたい人。

自分と仲間で色んな所に行って、壁にぶちあたったら相談しながら何度もチャレンジして、目標をクリアしたら喜びあったり。

景色を見て回ったりしながら自分のペースでのんびり遊んだり。他のプレイヤーの装備をみて可愛いと思ったら自分もレベル上げそっちのけでその装備を作ったり。

もちろん「常に最高の効率を出したい!」「むしろ最高の効率を出す方法を考えてあれこれ実験するのが楽しい!」なんて人もいるわけです。私みたいに。

で、そんな感じで色んな遊び方があるんですけど、自分のキャラが育ってくると忘れちゃうんですよね、昔のこと。

地獄への道は善意で舗装されている。

このヨーロッパの格言自体は日本語にするといくつか解釈があるのですが、私が今使うのは「善意でなされた行為であったとしても、その実行により意図せざる結果が招かれる」という意味の方。

例えば同じギルドにこんな方が居たとします。プレイ時間は結構長いのになかなかレベルが上がってなくて、ギルドの主要メンバーと一緒に狩りに行けなかったりする子。

で、「みんなと遊べるようにレベル上げを手伝ってあげよう!」と思ってその子を誘って高レベル狩場でガンガン経験値を稼いでサクッとレベルを上げたとします。

その子はギルドのみんなと一緒に狩りにいけるようになって万々歳です。

と本当になっているのでしょうか?

もしかしたらその子には仲のいい友達が一人いて、その子が忙しいので自分が調整していたのかもしれません。その子がログインできる日に、かならず一緒に遊べるように。

レベルを上げることよりも、ゲームの世界を色々見て回ったり、装備やアイテムを集めて楽しんでいたのかもしれません。もしそうなら、Lvが急激にあがったおかげで本来なら順番に回っていたはずの狩場をいくつかすっ飛ばしてしまったことになります。

そもそもの話ですが、自分の力ではないもので得たものに価値を感じられるのでしょうか?

ちょっといま度忘れしてしまって名前が思い出せないのですが、心理学にあったはずなんですよ。自分の力で見つけた物には、その苦労分だけ価値を上乗せしまうって心理。

これを逆に言うならば、自分で苦労して手に入れた物でなければ本人から見た価値は下がってしまうわけです。

結果、飽きてしまうんですよ。そのオンラインゲームに。

特にMMORPGは「楽しみ方を見つける」までが一番難しいゲーム。

もちろんゲームには、はじめからある程度の目標があります。開発・運営もイベントを開催したり、新しい要素を追加して目標を作ってくれます。

が、それらを全てクリアしてしまったとき、走り続けた人は燃え尽きてしまうんですよ。全員ではないけど。

これを読んでいる人は私のブログなので分かっているとは思いますが、今のラグナロクマスターズの状況ですよね。一部の最前線を走り続けてきた廃人(誉め言葉)たちの引退・休止続出。

結局のところ彼らは「最高率で最前線を突っ走る」ことが彼らにとってゲームの楽しみ方だっただけ。そしてその目標が無くなったので今は休んでしまっている。それだけのことです。

逆に今楽しんでいる人は、他に目標がある人が多いと思います。

ギルドメンバーの役に立てるように追いつこう!って人や、自分の好みの装備を集める人、色んな所にいって写真を撮って遊ぶ人。中にはユーザー同士でイベントを企画して遊んでる人も。

 

初心者を養殖してレベルを上げる行為はこの機会を奪っていないか

今回私が言いたかったことのほとんどはこの一文で終わっています。

養殖と呼ばれる「高レベルの人が初心者と組んで急激にレベルを上げる行為」も善意から始まってるパターンって少なくないと思うんですよ。

でも、それで急にレベルを上がってしまった初心者はゲームを楽しんでこれたのか?って少しでも良いので考えてみてほしい。

もちろんそれが嬉しい初心者もいるとは思います。が、本当は養殖が必要なかったとしても断り切れない人も多いはず。

というか、オンラインゲームに慣れていない人なら「最初は喜んで受けてしまって、終わってからやる事がなくなって燃え尽きてしまう」ってパターンあると思うわけです。

相手が本当に望んでいるかを100%見抜くは難しい。人間同士なので。

もちろん上級者が初心者を誘うなと言っているわけではないです。初心者側から誘うのって結構ハードル高いと思うので。

 ですが、何かに誘うときにちょっとだけ思い出してほしいわけです。

自分の価値観と相手の価値観が違うということを。

みんなであれこれ試行錯誤してエンドレスタワー(ラグマスにあるインスタンスダンジョンコンテンツ)を登頂しようと思ってワクワクしながら準備して、いざ始まったらたった二人の廃人が全ての敵をなぎ倒していく光景、ラクですが結構精神的に来ますし。

ですが、ラクをしてクリアして報酬だけサクッと貰いたい人だって居るのもオンラインゲームです。

それを100%見抜くことなんてきっと誰にもできないんですよね。

まとめられないまとめ

というわけで、私は難しいなぁと感じるわけです。ほんと難しい。

それを考えるのに疲れちゃってるので、今はギルド無所属(知人のサブギルドにおじゃましているので正確には無所属ではないですが)なわけですけども。

どうやってもまとまらないので、とあるバンドの歌詞をお借りして終わらせませう。

例えば何かを台無しにしたいなら、余計な善意だけで確実事足りるぜ

そういう非効率がこの世の常なんだろう

岸田教団:天鏡のアルデミランより

以上、よくわからない散文でした。