私が怠けた生活をおくるために調べたこと、やっていることを書き綴っていくだけのブログです。

最近はラグナロクマスターズをプレイしているのでラグマスの話が多め。参考になった話があったらシェアしていただけるとやる気がUPします。

ラグマス取引所攻略「業者の価格つり上げを開始直後に見抜く方法」

ラグマスをやっていると取引所をほぼ毎日使うことになると思いますが、たびたび目にする謎の値上がり。この間50kだったものが気づいたら4倍5倍なんてのは当たり前。

実はこれ、半分くらいはRMT業者が狙って値段を吊り上げています。

それを利用して上がり始めに買いを入れて、終了間際に売りに出すという小遣い稼ぎをやっている人もいるほど。

ですが、上がり始める瞬間に察知する方法があるのは意外と知られていないようで。

というわけで今回は「取引所で上がり始める瞬間に業者の動きを察知する方法」を書いていきます。

※確実に効率よく釣り上げる手法を説明中に書いてしまうといろいろと問題があるので少しだけボカします。本筋には必要ないですし、すでに利益を得ている人に袋叩きにされてしまうので!

【10月中旬追記】※現在なぜか執事チャートが見られなくなっています。これまでもアップデート直後に見られなくなることがなんどかありましたので、そのうち戻るかもしれませんし、戻らないかもしれません。

 

 

 

なぜ取引価格を釣り上げるのか

さてまずはなぜ取引所の価格を釣り上げるのか?どんなメリットがあるのか?を知っていきましょう。これを知らないとこの後のお話を正しく理解できません。

実はこれ、RMT業者と呼ばれる割と悪質な業者がやっています。

手法はいたってシンプル。

  1. お客さんが付いたらお客さんのIDでログインして、特定のアイテムを大量に買います。
  2. 業者が持っている大量のサブアカウントとマネーを駆使して価格を釣り上げます。
  3. 目標まで上げ終わったらお客さんのアカウントで売りに出し、業者が全部買い占めます。
  4. お客さんのアカウントにはもともとの数倍のzenyが入り、業者は報酬として日本円やその他の通貨でお金を受け取ります。

この一連の手順で行うため、途中で釣り上げをやめると契約通りのzenyがお客さんに入らないので、途中で釣り上げをやめにくい。ほかのアイテムに途中でかえる手はありますがまた上げる時間もかかります。

業者が取引所で釣り上げている方法

開発元&運営さんが言っている原則「取引量によって変動します」の通りいたってシンプル。

まず一気に買い占めて、少量ずつ出しながらそれを別のアカウントで買います。一番確実なのは常に抽選状態にしておくこと。

入札制の抽選状態をキープしていれば値段は上がり続けます。といっても抽選終了するごとに毎回上がるわけではないのですが、今回はそこの細かいシステムは割愛します!私が怒られちゃうので。

この釣り上げタイムは数日間続きますので、その間に業者が出したものや「今売れそうだから在庫処分できる!」と思って出した一般プレイヤーの出品を入札し、値段が上がったところで売るのが一部で流行っている金策ですね。疲労度関係なくできますし。

業者の釣り上げ方には重大な欠陥があるので見抜ける

はい、この釣り上げ方にどうしても避けて通れない欠点があります。そこを利用すると見抜けるんですね、これから上げますよというのが。

それを見抜くカギは執事チャート。

f:id:seohayami0919:20190830135821j:plain

執事アイコン

というわけで執事アイコンをタップ。

 

f:id:seohayami0919:20190830140044p:plain

執事チャート

 出てきた画面の左の一番下のアイコンをタップするとこの執事チャートが見れます。

さてここからが本題です。

執事チャートで上げ幅/下げ幅を見るのは素人

はい、先ほどまでの話をみて「なんだ執事チャートの話かよ、知ってるわ誰でも!!!」と思った方「上げ幅」だけをみて判断してませんでしたか?

もしそうならこれからの話は役に立つはずです。

なにせこのチャートの上げ幅はある程度上がってからではないと載りません。

しかし今回お伝えする内容は「その前の初動」を見て動くので、若干早く動き出せます。

というわけで次を見てもらいましょう。

 

取引所釣り上げを見つけるカギは上げ幅ではなく取引量

f:id:seohayami0919:20190830140537p:plain

執事チャートの重要項目

 これです。取引量。

今の画像をみてもらえばわかるのですが、ほとんど流通してなかったこのレシピが一日前に「謎の280取引」です。

そしてそのあとに謎の買い足し140。さらにひとつ前の画像を見てください。

このレシピが上がり始めた時期と一致してませんか。

これまでのお話を思い出してください。RMT業者が釣り上げる目的と、最初にする行動を。

そうです、釣り上げる目的は客にZenyを儲けさせるため。そのためには最初に大量に買わないといけません。半端に流通があると釣り上げ時に一般プレイヤーの取引が邪魔になるので、それこそ普段全く流通がないものを大量に買うわけです。

そうしたらなりますよね、こんな流通量チャートに。

見抜く精度をあげるためのまとめ

というわけで、流通量を見て明らかに怪しい動きがあればだいたいが釣り上げの予兆です。

念のためそのあとの出品量を取引所で見てみましょう。抽選になっていればほぼほぼ当たりです。相手方は釣り上げの手順を開始しているでしょう。

自信がなければこの手順で取引所を覗いてメモし、数日後に実際に上がり始めたかチェックして予習をすることもできます。1zenyも使わずに。

ただし、装備品は注意が必要。過剰精錬のために20個30個まとめて買う人はいますし、そもそも売るときに1枠で1つなので釣り上げた後の出品&買取に手間がかかりすぎるので業者はおそらくやりません。

やっているとしたらサブのお金を移すためにやっている一般プレイヤーでしょう。

「取引所で儲けようとしている人を潰したい!」と思ってフェイクで大量の購入を入れる謎の人がいた場合はひっかかってしまいますが、相手方も多大な損失を被るのでおそらくはないはずです。ないと思いたい。性善説を信じていきましょう。

 

というわけで、取引所つり上げの初動を見抜くテクニックでした。

見抜いた初動をどう活かすかはあなた次第です。

※再三のように書きますが、つり上げ手法の詳細はあえて書かなかったので炎上させにくるのは容赦してください。お互いのために。