私が怠けた生活をおくるために調べたこと、やっていることを書き綴っていくだけのブログです。

最近はラグナロクマスターズをプレイしているのでラグマスの話が多め。参考になった話があったらシェアしていただけるとやる気がUPします。

ラグマス初心者が金策で損をしないために知っておくべきお金の話(4)「素材の素早い捌き方」

ラグマス金策講座のようなもの第4回は、なかなか売れない素材の捌き方を紹介していきたいと思います。値段を自分で決められないので安売りも出来ず、かといって売れなければお金稼ぎのために素材を集めた意味がないわけで。

そんな方のための時短テクニックです。

 素材を100個・1000個単位で一気に売る方法がある

ということで前回は素材を売るときに売れやすくなる方法を紹介しましたが、今度はこちらです。素材をまとめて1000個単位で一回で売ってしまう方法。

「前回の説明でシステム上30個ずつしか売れないって言ったじゃん!」と突っ込みたくなるでしょうけど、実はちゃんとあります。いっきに大量に売る手段。

 

f:id:seohayami0919:20190815084847p:plain

装備製作

はい、これです。各町にいる装備製作NPCこちらが今回の素材捌きの要です。

中々売れない素材は装備にして売るのがラグマス!

実際に装備製作画面を出してみるとこんなかんじ。

f:id:seohayami0919:20190815085358p:plain

装備製作

この装備で言えば[石炭15個]と[やわらかな毛280個]に制作費用でこの装備が作れるわけです。

さてここで装備にして売った時の価格と素材そのままで売った時の価格を調べて損か得か知らんべないと....と思った方、するどい。お金稼ぎの感覚が身についています。

しかしこのラグマス、なんと製作装備は「素材の値段と数を考慮して価格が変動する」というものすごいシステムなんです。ということで、素材と装備の価格を調べて......なんてする必要がない親切設計。

もちろん製作する装備は売れるものにする

以前このブログでお伝えした「何が売れるかの考え方」を読んだ方はわかると思いますが

  • 需要があるか
  • 欲しい人はお金がある人か
  • 欲しい人は急いでいるか?

などが大事。今回は例として上2つの条件+αを満たす装備を1種類お伝えしましょう。

効率よく売れる製作装備といえばコレ!

ここで例として紹介するのはみなさんご存知のあの防具です。

f:id:seohayami0919:20190815090333p:plain

タイツ

そうです「タイツ」です。

装備の説明にも書かれているとおり物理攻撃+8%が付いています。この効果が強力で、人によっては最終装備候補にもなるすぐれもの。

そんなに強い装備なのに実際に取引所を見てみると意外と数が少ない。何故でしょうか?

答えを言ってしまうと「最終装備になり得るから」ですね。

最終装備にするということはとうぜんやるわけです。穴あけ。カードを挿すために必須ですからね。ということは最低でも一人10個は買うわけです。

さらに最終装備ということで過剰精錬もするでしょう。壊れるまで叩いて、壊れたものは安全精錬の素材にするにしても相当数使うはずです。

そして最終装備であるからこそ、お金を惜しまずに買ってくれる人がいるわけです。

となれば売れるのは当たり前です。需要があって、相手はお金を持っているわけですから。

しかもこのタイツ、穴を開けなくても効果は強力ですし20万zenyとそれほど高いわけでもないので「普通にやっている中レベルくらいの人」も一個だけ買ったりしてくれるのでさらに売れやすい。

 

相手が何をするために買うかを考えると売れる速度は上がる

今回の例のタイツで言えば大量購入者の目的は「過剰精錬」「穴あけ」になりますね。

ということは、その2つをこちらでやってしまってはどうでしょうか?

過剰精錬は運が絡んでしまうので試行数を相当増やさないと安定しませんから今回は置いておきます。

タイツに穴を開ける予定で10個買う人のために、こちらで10個作って穴を開けてから売るのです。

過剰精錬をしていると特殊効果がさらに強化される装備に関しては「過剰精錬してから成功したものに穴を空ける」のが最善になるわけですが、そうでない装備は+4で穴を開けて使う人も多いはず。特に防具であれば現状微差なので特に。※対人専用防具は除く

そのうえ装備品は枠をまとめて売ることができないのです。

が!10個作って「s1タイツ」にして売ってしまえば出品枠は1つで10個同時に売ったのとほぼ同額で売れます。しかも10個買う予定だった人から見れば「自分で穴を開けに行く」という手間がないためこちらを選ぶでしょう。

穴を開けてから売るのにもデメリットはとうぜんある

はい。やっぱりデメリットはあります。

先に挙げた「1個だけ買ってとりあえず恩恵を受けたい中級者」には売れなくなってしまいます。

穴あけがもともとの目的だった人の場合でも「既に何個かは持っていて足りない分だけ欲しい」という方には売れなくなってしまいます。

なので、装備のストックが増えすぎてしまったときは1個だけ穴あきを作っておいて、残りはバラ売りで出品するなどの方法が一番確実なかなと思います。

タイツに限ってはS1タイツでポンポン売れているので私はS1で出してます。

※これをやる人が一気に増えた場合はとうぜん売れやすさは少し落ちます

最終装備になりえる装備を見つければ、素材は簡単に捌ける

タイツを例にして説明して行きましたが、みんなで同じものをやっていればとうぜん売れ行きは落ちます。

しかし、他の人がやらない装備製作で需要があるものを見つけて、その素材を効率よく狩れる場所が確保できれば「在庫の山」とはおさらばできることは確かです。

私の知人なんかはよく「○○が5000個くらい溜まった」と嘆いていますし。

ということで、素材を捌く手段のひとつとして装備製作がオススメです。